グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



お知らせ

ホーム  > お知らせ  > 院内セミナー「視覚障害者への基本的対応」を開催しました。

院内セミナー「視覚障害者への基本的対応」を開催しました。

院内セミナー 「視覚障害者への対応」を開催


 4月28日横浜市視覚障害者福祉協会から大橋由昌様と清野智佳子様をお招きして、院内セミナー 「視覚障害者への対応」を開催しました。なお、当日はガイドの方2名にもお手伝いいただきました。(この場を借りて、お礼を申し上げます)

セミナーでは、まず大橋様が日本における障害者福祉の黎明期から障害者権利条約の批准(2014年1月)に至るまでの経過とともに、その理念をコンパクトに語って下さいました。一言で視覚障害者と言っても、それぞれの方のニーズや困難は異なること、したがってそれに対応した細やかな配慮が求められていることを学びました。講義のあとは、職員の中から2人ずつがペアになり、視覚障害者と誘導者の役割を受け持って安全で快適な誘導を行うにはどうすればよいかを訓練しました。これからも、さまざまな障害者への対応に必要な知識やサービス環境を整えるとともに、私たちの心の中にあるバリアーも一つずつ点検して、さらに安心して受診していただける施設に成長して行きたいと考えています。