グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



お知らせ

ホーム  > お知らせ  > まん延防止等重点措置延長以降の当院の対応(2021年7月12日)

まん延防止等重点措置延長以降の当院の対応(2021年7月12日)

日頃より、横浜総合健診センターをご利用いただき誠にありがとうございます。
神奈川県横浜市は、7月12日以降も「まん延防止等重点措置」が延長されていますが、
当センターは引き続き健診8団体合同マニュアル
「健康診断実施時における新型コロナウイルス感染症対策について 」を遵守し、健診を実施しています。

また、今後の状況で健診内容などに変更がある場合は、ホームページ等でお知らせいたします。
なお、受診前には下記の「受診される皆様へのお願い」をご確認ください

受診される皆様へのお願い

各自持参されたマスクをご使用ください。
なお、マスクがない場合は、健診をお受けいただくことができません。
また、当日お忘れになった場合にはご用意いたします。
手指消毒液は、ビルと健診センターの入口に設置されています。入館時の手指消毒をお願いいたします。
また、健診中は適宜流水による手洗いもお願いしています。
受付で体調などに関わる問診票をご記入いただきます。
以下のいずれかに該当する場合は、健診の受診を控えてください。
   ・のどの痛み、咳などの風邪症状、下痢や嘔吐などの消化器症状、嗅覚(におい)、味覚の低下、関節・筋肉の痛み、倦怠感といった症状のある方
   ・37.5℃以上の発熱がある方
    (当日の朝、ご自宅で体温を測定していただき、37.5℃以上の方は受診を控えてください。
    また、来院後には医療面接にて体調の確認とともに体温を測定し、37.5℃以上の方の健診は中止をお願いしています)
   ・受診日2週間以内に37.5℃以上の発熱があった方
   ・2週間以内に新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある方
   ・2週間以内に諸外国への渡航歴がある方、およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方