グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



お知らせ

ホーム  > お知らせ  > コロナワクチン接種後の副反応に対する当センターの対応について

コロナワクチン接種後の副反応に対する当センターの対応について

コロナワクチン接種後の副反応に対するお問い合わせが増えております。
接種後に37.5℃以上の発熱、及び発熱により解熱剤等を服用された場合は、解熱後又は症状が治まってから2週間経過後のご受診をお願いしております。
該当される場合は、当日ご来院されてもご受診をお断りしておりますので、予め日付変更にご協力をお願い申し上げます。
そのほか、こちらも併せてお読みください。