グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



病院案内

ホーム  > 病院案内  > 施設概要・施設基準

施設概要・施設基準

病院概要

名称医療法人社団 相和会 渕野辺総合病院
開設昭和29年8月
所在地神奈川県相模原市中央区淵野辺3丁目2番8号
電話:042-754-2222(代)/ FAX:042-757-4170
病床数161床
施設敷地面積:4542.29m2 建築面積:3376.97m2
延床面積:15122.13m2 鉄筋コンクリート造 8階建
診療科内科、小児科、外科、眼科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、泌尿器科(尿路結石治療センター)、麻酔科、放射線科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科
休診日土曜日(午後)・日曜日・祝日、年末年始(12月29日PM~1月3日)
主な検査・治療機器マルチスライスCT/超音波診断装置/電子内視鏡装置/乳房X線撮影装置/X線テレビ装置/MR撮影装置1/超音波白内障手術装置/骨塩定量測定装置/ホルミウムYAGレーザー/体外衝撃波結石破砕装置 その他

保健指導機関情報

相模原総合健診センター 保健指導機関情報 をご確認下さい

施設基準

基本診療料の施設基準
  • 初診料機能強化加算
  • オンライン診療料
  • 急性期一般入院料1
  • 診療録管理体制加算1
  • 看護職員夜間配置加算(12:1-1)
  • 医師事務作業補助体制加算1(40: 1)
  • 急性期看護補助体制加算(25: 1)(看護補助者5割以上)
  • 夜間急性期看護補助体制加算(100対1)
  • 夜間看護体制加算
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算2
  • 患者サポート体制充実加算
  • ハイリスク妊娠管理加算
  • ハイリスク分娩管理加算
  • 後発医薬品使用体制加算2
  • データ提出加算2(200床未満)
  • 提出データ評価加算
  • 入退院支援加算1
  • 救急医療管理加算
  • せん妄ハイリスク患者ケア加算
  • 認知症ケア加算3
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料3
  • 地域包括ケア入院医療管理料2
特掲診療料の施設基準
  • ニコチン依存症管理料
  • 開放型病院共同指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 小児科外来診療料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料 イ救急搬送看護体制加算1
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料イ
  • がん患者指導管理料ロ
  • 別紙1の「第14の2」の1の(2)に規程する在宅療養支援病院
  • 在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
  • 在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料の遠隔モニタリング加算
  • HPV核酸検出
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • 画像診断管理加算Ⅰ・Ⅱ
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 乳腺炎重症化予防ケア・指導料
  • 人工腎臓1
  • 人工腎臓 イ導入期加算1
  • 人工腎臓 透析液水質確保加算
  • 胃瘻造設術
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
診療指定
  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医
  • 生活保護法指定医
  • 結核予防法指定医
  • 指定自立支援医療機関(更正医療・精神通院医療)
  • 救急医療指定医療機関
  • 母体保護法指定医
  • 身体障害者福祉法指定医
  • 原子爆弾被害者医療指定医


渕野辺総合病院 令和2年度負担軽減内容

<目標>
 ①良質な医療を継続的に提供するため、従来より推進してきた各部署間の協力体制
  を医政局通知に基づき再整備し、医師、看護師等の医療専門職が専門性を必要
  とする業務に専念することができるよう、各業務の分担を更に推し進める。
 ②目標達成に向けて、院内外等の研修に積極的に参加し各職種の能力向上に努める。

<継続的な業務分担の推進>
 ①医師に対して
  ・医師事務作業補助者の育成及び事務員の有効活用、配置について
  ・医師が実施している検査・入院説明および書類対応の役割分担について
  ・カルテ記入や書類作成等、入力方法の負担軽減を検討する
  ・病棟への薬剤師配置拡充および業務拡大について
 ②看護師に対して
  ・看護職と看護補助者および事務の業務分担について
  ・看護師が実施している検査・入院説明および書類対応の役割分担について
  ・病棟への薬剤師配置拡充および業務拡大について
  ・短時間正規雇用の看護職員の活用について

<継続的な業務分担の推進>
 ①医師事務作業補助業務拡張のため、院内研修を行い病棟への医師事務作業補助者配置
 ②外来における検査説明の診療科拡大
 ③薬剤師の雇用および病棟配置、業務拡大へ向けた薬剤部体制の安定化
 ④看護師及び看護補助者の業務内容の見直し

医師ならびに医療従事者の負担軽減計画

項目課題計画
労働時間
管理等
労働時間管理時間外労働時間等の把握時間外労働時間および業務内容把握する。
 タイムカードにて勤怠把握
 年次有給休暇取得率の把握
当直者への負担軽減・勤務予定作成時、連続当直にならないような
 日程調整を行う。
・非常勤医師の積極的な採用(土日祝日)。
・救急当番日への非常勤医師の積極的雇用
・平均月当たり当直回数の軽減
当直勤務翌日の勤務配慮当直翌日に手術が入らないよう配慮する。
もし手術に入る必要があった場合は、
執刀医にならないよう配慮する。
常勤医の確保糖尿病・内分泌と麻酔科医師がこの4月に入職。
欠員となっている外科および整形外科医師の確保が重要。
出産・子育て中の
職員
産前産後休暇および育児休業規定に則り運用中
保育所の設置院内保育所(24h対応)の設置運営
他職種・
チームによる
支援
事務系による支援文書作成業務・MEDI-Papyrus、電子カルテを使用して文書作成
 診断書、主治医意見書、要否意見書等
 システム未対応時は手書きにて対応
 悪性腫瘍のTNM分類欄についても記入
・保険会社等からの問合せ対応
外来補助業務《泌尿器科》
・前立腺生検入院
 入院診療計画書等入院・検査に必要な書類の準備
 退院後外来予約、検査オーダー代行入力
 クリティカルパス入力
・前立腺レーザー手術入院
 術前検査予約、検査オーダー代行入力
 入院診療計画書等入院・手術に必要な書類の準備
《眼科》
・白内障手術入院
 手術目的患者の術前検査オーダー代行入力
 病診連携からの紹介患者に対する報告書代行入力
 入院診療計画書等入院・手術に必要な書類の準備
・白内障、硝子体注射クリティカルパス入力
《MRI検査説明》
・整形外科・脳神経外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科
 MRI単純撮影検査前問診、注意事項の説明
 体内留置金属・機器情報収集
 検査日の調整(整形外科:東医師)
《入所前健診における診察、検査予約調整》
 入所用診断書作成に必要な検査オーダー代行入力・検査予約調整
《外科救急早出》
 外科救急時 早出医師の代行入力(7:00~9:00)
《整形外科》
 抜釘(クリニカルパス入力)
その他・初診時の予診、入院説明、検査手順説明を実施
・紹介先からの返信カルテ取り込み(CDSスキャナー取り込み)
・NCD・JOANRへの症例登録
・学会等提出データ作成
・診療記録修正業務
・手術室事務業務
電子カルテシステムおよびPACS"システムの安定運用
 CT・MRIの説明・同意書の自動出力化
 統合セット:診療科別医師別の作成拡充"
看護部門
による支援
"看護師の可能な業務
(静脈路確保、静脈注射、
薬剤投与量調整等)の整理"
"医師の指示の範囲内で、看護師の観察に基づき投与できる薬剤の
種類の取り決めや、使用量、使用方法、相互作用など処方内容の
確認等を行う。"
患者や家族への
説明の充実
"説明内容についての医師との調整や説明者の教育を行う。
特に療養生活上の説明は積極的に行う。"
入退院支援
看護師の活用
入退院支援看護師を設置し、入院時から退院に向けた支援を
推進する。
看護補助者の活用看護補助者の採用を積極的に行い、看護業務の軽減を推進する。
薬剤部門
による支援
服薬指導の実施"入院患者の服薬指導ならびに副作用の観察等を行い、
診療の省力化および患者の安全性向上を図る。"
持参薬、処方薬等の
確認業務
"入院時持参薬の鑑別と服薬状況を調査し、診療支援を行う。
また、各科調剤薬局からの疑義紹介に対応し診療の効率化を
図る。"

看護師負担軽減計画

項目令和元年度実施状況と評価令和2年度計画
他職種との
業務分担
・事務作業の分担については、外来クラークの入院前の生活状況のカルテ入力、外来での検査説明等は継続して実施できている。人員補充が進まず、更なる業務拡大には至らなかった。
・昨年度、薬剤部が業務拡大した日曜日AM、月・水曜日20時までの業務は継続できた。
・薬剤部の人員不足は改善されず更なる業務拡大はなかった。
・ME技師の1名増員があったが、手術室、病棟共に業務拡大がされず、今後の課題は継続。
・外来・病棟でのクラーク業務の業務拡大
・入院に関わる帳票準備、入院案内、入院費等病棟クラークへの業務移行を具体的に計画する
・外来医師事務補助者による検査説明、入院説明の継続
・薬剤師の外来配置薬管理への介入
・外来検査、手術前の休止薬への薬剤師介入
・リハ職員によるリハビリ患者送迎の推進
・ME技師の病棟配置機器や手術室機器管理範囲を拡大する。
看護職員の
欠員補充と
定着促進
・緊急な人員不足の補充については1名の派遣看護師の採用を行った。
・助産師不足の産科病棟では夜勤専従非常勤助産師4名の採用を行い、夜勤負担軽減を行った。
・指導、サポート体制の強化で新卒看護師の定着が図れ、かつ全体の退職者が減少した。
・有給休暇5日以上の取得を目指したが、全員取得までには至らなかった。年初よりの取得計画が必要。
・ハローワーク、ナースセンター、ホームページの募集要項の適時更新
・看護学生臨床実習、インターンシップへの積極的サポートと広報を継続する
・非常勤夜勤専従看護師の継続的な確保
・職員の継続教育の推進(ラダー評価を通してのエンパワーメント、目標管理の推進)
看護補助者の
活用
・一般病棟への介護福祉士の配置は2部署に留まったが看護助手2名が介護福祉士資格試験を受験し、1名が合格した。
・継続した看護補助者研修の成果として、自発性の向上があり、高齢患者の生活援助に関しスキルアップが図れた。
・年度末に向かい看護助手の応募があり、退職者の補充はできた。
・クラークの新規採用が進まないことによる業務分担の停滞を打破するために産科病棟、外来に看護助手を配置し、事務作業の業務拡大を促進する。
多様な
勤務形態
・12名の看護師が産休・育児休業を終了し復職した。6名が育児時短を取得。また、6歳までの時短延長者も3名。育児支援の勤務調整が活用しやすい状況となった。
・育児時短制度が活用中の中堅スタッフを新たな活動のリーダーとして配置し、経験値を活用できるようなサポート体制の強化、適正な場所へのローテーション
・定年退職後の勤務継続者のサポート
・夜勤勤務者の負担軽減、16時~17時台の業務整理と負担軽減