グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



部門紹介

ホーム  > 部門紹介  > 入所介護

入所介護

 介護職員一同、ご利用者様に寄り添ったケアを心掛け、日常生活の支援を行っております。
食事や入浴、排せつなどの身体介護だけではなく、精神的に安心して生活できるようにご利用者様に寄り添った介護を提供しています。
 家庭と違い制限のある生活の中で、出来るだけ活気のある生活が送れるように毎日のアクティビティを工夫し、会話を楽しみ、ご利用者様の方々の笑顔が多く見られるように支援しています。
 また、退所後は在宅に戻られる方も多いので、在宅での生活を視野に入れ多職種が協力し取り組んでいます。
ご利用者様の一番近くにいる職種として、思いを受け止めて、安心した毎日を送っていただけるように取り組んでいます。

ミニカンファレンス

 入所フロアでは、毎日、多職種(介護士・看護師)でご利用者様の状態の報告や日々のご様子などの意見交換を行っております。また、週に1度、医師・言語聴覚士・管理栄養士・介護支援専門員も加わり、ご利用者様の「食事」に関しての話し合いも行っております。

ICT

 青葉の郷では、ご利用者様の日々のご様子や食事の量・バイタルサイン測定(体温・血圧等)などの記録は電子化しております。PCやタブレットを活用しながら円滑に進めております。
また、ICT化を進める中で多職種間での情報の共有もスムーズに行っております。

アクティビティ

書道

 施設では班の活動が活発に行われています。
アクティビティ班では、各フロアで毎月話し合い、季節に応じたアクティビティ(レクリエーション)や行事を提供しております。

将棋

折り紙 うぐいすと梅の花のリース

 フロアでは熱帯魚・ウーパールーパー等飼育しており、ご利用者様も餌やりを行い観賞し楽しんでいます。

 2Fフロアでは毎朝、DKエルダーシステム(通信カラオケ機器を活用した配信コンテンツ)を活用し朝の体操を行い、夕方には尿失禁予防体操(骨盤低筋トレーニング等)認知症予防の体操を行っております。

入浴施設

一般浴(歩いて入るお風呂)

 ご入浴はご利用者様のお体の状態に合わせて、一般浴・チェアー浴・ストレッチャー浴で入浴して頂いています。
 
冬至の際には「ゆず湯」になります。

ストレッチャー浴(横になって入るお風呂)

チェアー浴(座って入るお風呂)