グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



部門紹介

ホーム  > 部門紹介  > 支援相談員・施設介護支援専門員

支援相談員・施設介護支援専門員

青葉の郷では支援相談員3名、施設介護支援専門員2名体制です。


・支援相談員:3名(常勤3名)  
・介護支援専門員:2名(常勤1名・非常勤1名)

支援相談員

 支援相談員とは施設入所の相談や、入所後の生活の相談を行う施設の窓口的な役割です。入所サービス以外にも1泊2日から利用のできる短期入所サービスや、自宅からの通いで利用が出来る通所リハビリテーション、リハビリの専門スタッフが直接自宅を訪問し行う訪問リハビリテーションも提供していますのでお気軽にご相談ください。
 また、ご家族のレスパイトや避暑・避寒目的といった理由で1~3か月ほどリハビリをしながら施設で生活していただくことも可能となっています。在宅へ帰ることが困難な方に関しては今後の生活を決める(特養・有料系・サ高住・グループホームなど)機関の入所もご相談いただけます。

施設介護支援専門員(ケアマネージャー)

施設介護支援専門員(ケアマネージャー)とは...
施設に入居する方の施設サービス計画(ケアプラン)を作成するのが主な業務となります。
老人保健施設では様々な職種の職員が支援に関わる為、他職種が連携を取りより良いサービス提供を円滑に行えるように調整する役割を担っています。
青葉の郷では在宅復帰の支援に力を入れている為、居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)や関係事業者とも緊密な連携を図りご自宅に戻られてからも安心して生活が送れる事を目指し支援を行っています。また、施設でのケアについてもリハビリ提供による身体機能の維持向上や余暇活動などによる生活の充実、美味しく食事を摂れることなど、利用者様それぞれに合わせた目標を立てて計画作成に努めます。

【主な業務内容】
●ケアプランの作成
●入所者様・ご家族様の相談対応
●在宅復帰支援
●要介護認定の申請代行
●要介護認定の認定調査