グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



お知らせ

ホーム  > お知らせ  > 院内セミナー 「高層ビルにおける震災時の対応」を開催

院内セミナー 「高層ビルにおける震災時の対応」を開催

4月25日横浜市総務局危機管理室から花塚公祐様と鈴木裕也様をお招きして、院内セミナー 「高層ビルにおける震災時の対応」を開催しました。
 まず開始時に「防災よこはま」の中で説明されている、よこはま地震防災市民憲章の自助・共助の大切さや地震被害想定についてご説明いただきました。そして、地震が起きた際の注意事項や備えについて学びました。特に、私たちの施設は20階の高層にあり、低層階に比べて揺れに対する備えが重要であることを強調されました。この点、今までも十分な転倒・落下防止などを行っていますが、さらに徹底することが必要と感じています。また、帰宅困難対策が大切であり、そのための備蓄品、特にトイレパックの確保について十分な配慮が必須であることなどの説明を受けました。
 地震は必ず起こると意識して知識や備蓄を整え、今後も定期的な訓練を繰り返して行っていきたいと考えています。