グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



再検査について

ホーム  > 再検査について  > 胃内視鏡検査を受けましょう

胃内視鏡検査を受けましょう

右のような生活で、食道・胃・十二指腸はたくさんのダメージを受けています。食道・胃・十二指腸はとてもデリケートな臓器です。ほとんどの方が胸やけ、胃痛、食欲不振などを経験したことがあるのではないでしょうか。
ただ、その症状の出方には個人差があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍が知らないうちにできていたという方もたくさんいます。また、早期がんの場合は自覚症状がほとんどありません。

今回、健診でお受けいただいたレントゲン検査は、異常のあるなしを見分けるためのものです。内視鏡は直接胃の中を見るので、軽い胃炎からがんまでを発見することができるのです。


検査方法

最初に胃の中の泡を消す為にガスコンシロップ(白い液)を飲んでいただきます。
次に胃の動きと胃液分泌抑制の為に肩に注射をします。そしてのどに麻酔のスプレーをして内視鏡(直径9mm)を挿入します。

のどのところを通過する時、一瞬違和感がありますが、通過してしまえばそれほど苦しいものではありません。
苦痛には個人差がありますが10~15分で終わります。

内視鏡検査のメリット