グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



施設案内

ホーム  > 施設案内  > センター長のご挨拶

センター長のご挨拶

センター長 小林 伸行

相模原総合健診センターは1986年4月に渕野辺総合病院(当時は渕野辺病院)の一部門として開設されました。保健部門設立当時は、まだ自動化健診という言葉が隆盛を極めていた時代であり、数多くの受診者を効率的に、短時間で健診し、速く結果を知らせることが、最高のサービスであり、まず疾病の早期発見と早期治療が最大の目標でありました。現在のような、疾病の予防や健康増進のための面接、教育、指導などは、一部を除いて、まだあまり手をつけていない時代でもありました。
当施設では、早くからこの疾病の予防と健康増進の点に着目、保健師の役割の重要性も強く認識し、保健師、看護師による保健指導を他の施設に先んじて始めました。2003年11月、渕野辺総合病院の西棟完成により、健診センターを西棟に移転し、業務の拡充と健診環境の快適化を図り、今や、年間受診者数約3万余を数える施設に成長しました。翌年2月、人間ドック・健診施設機能評価認定を受け、名実ともトップレベルの健診施設を目指しております。

近年では、治療中心の医学から疾病の予防重視へと、パラダイムの変化が起こりつつあります。メタボリックシンドロームの概念が導入され、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の予防のため本格的に取り組まなくてはなりません。また癌の種別に応じた効果的な早期発見が重要です。そして良好なQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を確保するための脳ドック、物忘れドックも必要となります。

私どもは、過去の実績の積み重ねの上に、更に研鑽を積み、受診者の皆様の信頼を得るよう、職員一同努力を続けて参ります。更なるご指導、ご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

相模原総合健診センター
センター長 小林 伸行