グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



外来受診

ホーム  > 外来受診  > 内科診療  > 検査と治療について

検査と治療について

SAS外来(睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時無呼吸症候群の診断基準は10秒以上の無呼吸が1時間に5回以上おこる、または一晩7時間の睡眠中に30回以上現れる場合をいいます。いびきが気になる、熟睡感がない、起床時の頭痛、日中の眠気、注意力が散漫となるなどの症状がある方はその可能性があります。SASは高血圧、心疾患、糖尿病、脳卒中に合併するといわれています。ご自宅で睡眠時の呼吸状態を検査し、睡眠時無呼吸症候群かどうかを判定します。治療の必要性があれば専門医療機関へご紹介いたします。

禁煙外来

タバコ{には4000種類以上もの化学物質と多くの発がん物質が含まれており、タバコの煙が通過する口腔・咽頭・喉頭・肺にがんは発生しやすく、他の臓器おいてもリスクが高くなる上に、高血圧や心筋梗塞、糖尿病など全身にも影響を及ぼします。
また、タバコに含まれるニコチンは麻薬に劣らない依存性のある薬物です。禁煙したいのに止められない方はお薬を使って治療する方法があります。治療薬はチャンピックス(飲み薬)とニコチンパッチ(貼り薬)の2種類です。禁煙希望で禁煙治療の対象者であると判断された場合は保険診療で処方が可能です。

参考サイト

すぐ禁煙.jphttp://sugu-kinen.jp/index.html(別ウィンドウで開きます)

ピロリ菌除菌

胃潰瘍、胃がんの原因とされるピロリ菌の除菌を行っています。
まずは血液検査や尿素呼気試験でピロリ菌の有無と内視鏡検査(当院は経鼻内視鏡で口より楽です)で胃の状態を確認します。胃が炎症を起こしておりピロリ菌がいるならば除菌をお勧めしています。
除菌する事により炎症や胃・十二指腸潰瘍の再発を著しく低下させ、胃がんの発生も抑えられると報告されています。内視鏡下で確認された胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病は保険で除菌が可能です。一次除菌が成功しなかった場合は、二次除菌まで保険適応が認められています。

ピロリ菌除菌検査・治療について


参考サイト

ピロリ菌のひみつhttp://www.gyakusyoku.jp/secret/index.html(別ウィンドウで開きます)

ボトックス治療(腋窩多汗症)

原発性腋窩多汗症と診断された方は保険診療が可能です。

腋窩多汗症とはワキの汗が多いものをいいます。
  • ワキの汗が気になり緊張すると出始め、意識するともっと出る。
  • 汗の匂いが周囲に不快感を与えているのではないかと不安になる。
  • 服に汗染みができて人前に出たくない。
など、日常生活に支障をきたしている方や一目が気になって対人関係が上手く作れないなどで悩んでいる方々が対象です。ボトックス治療の効果は注射後2~3日であらわれ4~9か月にわたって持続します。症状が再びあらわれた時に再度注射を行います。

腋窩多汗症 ボトックス治療の治療法と治療の流れ


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


お問い合わせ