平成30年度 渕野辺総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 137 26 89 118 273 414 622 1086 708 215
平成30年度に当院を退院された患者さんを10歳ごとに集計したものです。
全退院患者数は3,688人で、60歳以上の患者さんの割合は全体の約73%を占めています。
最も多い年齢層は70歳台です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 35 5.14 6.7 0 56.49
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 34 4.94 4.41 0 68.47
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 29 10.07 11.87 0 65.86
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 16.6 15.3 0 70.6
060335xx02000x 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 6.65 7.3 0 58.25
外科は、消化器系がん、肺がん、肉腫等幅広い症例に対応しています。
肉腫の手術治療については、遠方から受診される患者さんもいらっしゃいます。
緊急入院、手術のみならず重症感染症に対するエンドトキシン吸着療法も行っています。
乳腺疾患については、専門外来にて診断を行うとともに乳房温存手術を行っています。
また、化学療法も安全性を第一に優先して患者さんに必要な医療を提供するため、新規化学療法導入初回は入院で、2回目以降は外来治療の体制を整えています。
鼡径ヘルニアの手術治療を51件行っていますが、DPC対象症例ではないため上記の集計表には含まれていません。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 45 42.16 26.3 6.67 83.8
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 26 8.12 5.68 0 60.77
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 副傷病なし 26 6.58 6.07 0 50.27
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 24 29.79 19.61 16.67 74.79
070343xx01x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等21あり 14 27.57 25.83 0 70.64
整形外科は、骨折で手術目的の症例が大半を占めます。
術後1日よりリハビリテーションを開始し、早期に退院し外来訓練に移行する患者さんと、地域包括ケア病床及び回復期リハビリテーション病棟で十分なリハビリテーションを実施したのち退院する患者さんがおり、幅のある入院期間となっています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 79 8.71 8.22 1.27 61.32
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 24.16 20.92 24.56 87.81
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 29 15.48 15.17 3.45 86.76
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 28 11.04 12.58 3.57 82.5
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 27 4.74 7.75 0 63.37
内科は、今年度より肝がんに対するラジオ派焼灼療法を開始し、患者数が1位となっています。
その他腎疾患、消化器系疾患、呼吸器系疾患など幅広く対応していますが、1位から5位の平均年齢がすべて60歳以上であり、地域社会の高齢化を反映しています。
大腸ポリープ・腺腫の内視鏡手術治療を92件行っていますが、DPC対象症例ではないため上記の集計表には含まれていません。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 24 5.25 6.19 4.17 3.92
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 5.71 - -
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし - - 7.3 - -
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 6.17 - -
150070x1xx01xx 川崎病(2歳未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり - - 10.12 - -
小児科は、急性気管支炎、喘息などの呼吸器疾患が大半を占めています。
4位の「妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害」とは、新生児疾患で、新生児黄疸、帝王切開時症候群(一過性多呼吸等)が含まれます。
生後から一般外来、入院治療まで、小児の健康について全てを扱っております。
◇患者数が10未満の数値は「-」としています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x2xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等22あり 35 1.06 2.47 0 76.14
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 34 3.03 7.05 0 68.29
020210xx99x1xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2あり 33 1 2.52 0 72.12
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 15 3.07 7.52 0 59.8
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 10 3.9 9.75 0 59.1
眼科の入院はほぼ手術目的です。
高齢者の網膜硝子体疾患の症例が大半を占めています。
当院は眼科領域を幅広くカバーする体制を整えており、日本眼科学会専門医制度の認定・研修施設でもあり、各医師が特異領域を中心に診療しています。
最も多い症例は白内障に対する手術で672件行っていますが、DPC対象症例ではないため上記の集計表には含まれていません。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 49 8.83 9.8 0 33.24
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 25 10.72 9.87 0 47.44
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 23 4.82 4.3 0 33.26
120140xxxxxxxx 流産 21 2.05 2.45 0 34.19
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 20 14.2 20.6 0 28.7
産科・婦人科とも幅広い疾患の治療を行っています。
一人ひとりの患者さんの分娩の状況にあわせて、安全を第一に考えて分娩方法を選択しています。
分娩件数は348件(経腟分娩288件、帝王切開60件)です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 157 6.05 8.65 0 72.15
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 116 4.53 5.62 0 60.59
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 13 3.92 5.64 0 69.38
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 12 5.42 7.13 0 58.17
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 11 4.73 7.2 0 69
泌尿器科で1位は前立腺肥大症で、2位は腎結石・尿管結石です。
近隣の医療機関から数多くご紹介いただいています。
また、県外の医療機関からも数多くご紹介いただいており、遠方から受診される患者さんもいらっしゃいます。
前立腺がんの疑いに対する針生検を121件行っていますが、DPC対象症例ではないため上記の集計表には含まれていません。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 副傷病なし 23 62.78 14.45 0 83.7
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし - - 19.61 - -
070230xx99xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 手術なし - - 13.64 - -
07040xxx99xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 手術なし - - 12.15 - -
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし - - 15.9 - -
リハビリテーション目的の患者さんが大半を占めています。
地域包括ケア病床及び回復期リハビリテーション病棟で十分なリハビリテーションを実施したのち退院する患者さんもおります。
◇患者数が10未満の数値は「-」としています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - - - 93 1 8
大腸癌 - - 12 13 19 97 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 13 - - - 10 39 1 8
肝癌 - - - - - 11 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※初発 : 当院においてそのがんの診断あるいは初回治療を実施した場合です。
※再発 : 初回治療が終了後、継続して他の治療法を用いた場合も再発に含めています。
       また、他院で初回治療後当院で継続治療をしている場合も含みます。
※不明 : 当院での検査で発見し、治療目的で他院に紹介したケースについては病期分類が未確定につき、不明に分類しています。
UICC病期分類とは(国際対がん連合)の監修のもとに発刊された正式ガイドで、①原発巣(最初にできたがん)の大きさと進展度(深さ)、
②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無、の3つのカテゴリで評価し各がんをStageⅠからStageⅣの4つに分類するものです。
◇患者数が10未満の数値は「-」としています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 52 15.48 83.3
重症 25 19.68 87.36
超重症 10 29.4 90.8
不明 - - -
成人市中肺炎は、病院外で日常生活をしている中で発症した肺炎です。
成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器病学会)による重症度分類を用いて分類しています。
この指標では、細菌による肺炎が集計対象であり、インフルエンザウイルスなどのウイルス性肺炎や、食べ物の誤嚥が原因となる誤嚥性肺炎などは集計対象外です。
重症化するほど平均年齢が高くなっています。
◇患者数が10未満の数値は「-」としています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
回復期リハビリテーション病棟への転入目的に、他の医療機関からの紹介で転入院される患者さんが大半です。
◇患者数が10未満の数値は「-」としています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 51 1.16 1.76 0 70.53
K643 後腹膜悪性腫瘍手術 40 4.6 17.33 0 58.25
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 28 3.29 17.46 3.57 70.32
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 2.12 3.2 0 58.28
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 18 1.44 9.39 0 64.83
後腹膜悪性腫瘍手術は、稀少がんといわれる肉腫(サルコーマ)に対する手術です。
胆嚢疾患のほかに大腸がん、直腸がん、肺がん、転移性肺腫瘍、気胸に対し内視鏡による低侵襲手術をおこなっています。
5位は、化学療法を行うためのインフューザーポート埋め込み術です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 37 1.54 16.73 0 56.22
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 30 2.87 33.67 3.33 82.87
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 27 1.7 8.48 0 56.41
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 25 4.28 33.68 8 81.64
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 23 1.3 2.35 0 54.43
骨折の手術が大半ですが、その後の抜釘術や股関節症などに対する人工骨頭挿入術も多数行っています。
整形外科全般にわたり幅広く対応しており、腱断裂や関節リウマチの治療も行っています。
理学療法士と作業療法士等のスタッフ及び物理療法等の充実した設備により、術後及び保存的療法でのリハビリテーションが行えます。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 88 0.15 2.35 0 65
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超えるもの)(その他のもの) 73 1.47 7.07 1.37 60.55
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 14 0.07 5.5 0 77.07
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 11 0.36 5.73 0 61.36
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内のもの)(その他のもの) - - - - -
内科では大腸ポリープや大腸腺腫に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術を最も多くおこなっています。
併設する健診センターと連携し、早期発見、早期治療を基本姿勢とし、患者さんになるべく負担の少ない「体に優しい診療」を心がけています。
今年度より切らずに治す肝がん治療として、低侵襲(体にやさしい)治療であるラジオ派焼灼療法を開始し、遠方からの患者さんも多数おり、
患者数が増えています。
◇患者数が10未満の数値は「-」としています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 671 0.23 0.45 0 74.16
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 63 0 2.02 0 67.68
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 10 0.2 2.5 0 59.5
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
眼科は白内障手術、網膜硝子体疾患に対する手術を中心におこなっており、「治せる眼は確実に治す」をモットーに最後までお付き合いさせていただく眼科として頑張っております。
クリニカルパスを使用して、白内障は日帰り・1泊または2泊で、硝子体注射は日帰りで退院されます。
◇患者数が10未満の数値は「-」としています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 49 1.02 7 0 33.53
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 33 1.09 8.54 0 48.45
K877 子宮全摘術 29 1.2 9.13 0 52.75
K9091ロ 流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの) 28 0.68 0.32 0 34.11
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 17 1 2.53 0 47.53
帝王切開術に次いで、子宮附属器腫瘍手術を開腹または腹腔鏡下において多数行っています。
流産手術は、妊娠11週までの稽留流産に対して1泊2日でおこなっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 157 1.03 4.14 0 72.13
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 115 1.46 2.29 0 60.77
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 16 0.88 4.44 6.25 62.75
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 13 1.15 1.77 0 69.38
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 10 1.4 2 0 68.5
当院では前立腺肥大症の低侵襲治療として、ホルミニウムレーザーによる前立腺手術(HoLEP)をおこなっています。
内視鏡の先についたレーザーメスで肥大した前立腺腺腫を安全確実に切除する手術です。
尿路結石に対する低侵襲的治療としては経尿道的尿路結石除去術(レーザー)をおこなっています。
ほかに、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)も行っており、遠方から受診される患者さんも多数いらっしゃいます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.64
異なる - -
臨床上0件にはなりえないものの、医療の質向上のため、できるだけ改善すべき症例の集計と発生率です。
手術・処置等の合併症についてはポリープ切除後出血及び前立腺レーザー手術後出血などが該当します。
◇患者数が10未満の数値は「-」としています。
更新履歴