グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



部門紹介

ホーム  > 部門紹介  > 看護部  > 病棟紹介  > 地域包括ケア病床について

地域包括ケア病床について

1.地域包括ケア病床について

「地域包括ケア病棟」とは、入院治療後、病状が安定した患者さんに対して、リハビリや退院支援など、効率的かつ密度の高い医療を提供する為に、厳しい施設基準をクリアし、国から許可を受けた「在宅復帰支援のための病棟」です。

2.地域包括ケア病床の入院対象者

急性期の治療が終了した患者さんが対象となり、在宅復帰等へ向けて経過観察やリハビリ・在宅復帰支援等が必要な方が対象となります。具体的には
  1. 当院にてもう少し経過観察が必要になる方
  2. 在宅復帰へ向けて、積極的なリハビリを必要とする方
  3. 在宅での療養生活を送るために施設的な準備が必要な方

3.利用期間

該当病床に入室後、病状等により最長60日以内での退院が原則となります。
上記のような患者さんの為に、当院では「地域包括ケア病棟」をご用意し、安心して退院していただけるよう努めております。なお、「包括ケア病棟」へ転棟して頂く場合、主治医が判断し患者さん・ご家族さまにご提案させて頂きます。ご了解頂いた患者さんは地域包括ケア病棟へ移動し継続入院となります。

4.地域包括ケア病棟に入院すると

在宅復帰をスムーズに行うために、「在宅復帰支援計画」に基づいて、主治医、看護師、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者(医療ソーシャルワーカー)等が協力して、効率的かつ積極的に患者さんのリハビリや在宅支援(相談・準備等)と行っていきます。