グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



部門紹介

ホーム  > 部門紹介  > 看護部  > 目標

目標

今年度の看護部目標


1.地域包括ケアシステムにおける当院の機能(急性期・在宅支援)に対応できる看護体制の構築

  1. 一般急性期病棟、地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟の効率的な運営
  2. 入院から退院までの円滑な流れの構築(外来・サポートセンターの強化)
  3. 急性期医療と看取りに対応できる病棟、外来部門(外来、透析、手術室)の体制強化
  4. 退院調整と在宅医療・地域との継続看護強化

2.患者・家族の自己決定権を尊重した個別性、継続性、安全性のある看護の実践

  1. 高齢者看護、認知症対応スキルの向上と意思決定プロセス(ACP)への介入
  2. 多職種カンファレンスの充実と看護計画への患者、家族の参画
  3. 倫理性の強化とマニュアル、ルールの再整備と遵守(eラーニング、ナーシングメソッドの活用)

3.職員のやりがい・達成感のある職場作りと継続教育の充実

  1. JNAクリニカルラダーを基にした継続教育の再構築
  2. 目標管理の充実と職員一人ひとりの人間力、看護・介護力の向上への組織的なサポート
  3. 看護師、介護福祉士、看護助手、クラークとの業務分担および役割の発揮
  4. 健全なワークライフバランスの維持とサポート