グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



部門紹介

ホーム  > 部門紹介  > 看護部  > 教育指針

教育指針

現任・継続教育の理念

渕野辺総合病院看護職員の専門的能力の育成と人間性を陶冶する。

現任・継続教育の目的

渕野辺総合病院看護職員として生涯にわたり倫理的責任を自覚し、ケアの安全と質の向上をめざし、施設内での段階的な継続教育や研修、また、施設外での専門的な知識・技術・態度の研修を通して看護職員の自律を支援する。

現任・継続教育目標

1看護職員の専門的知識・技術・判断力等のキャリアの開発を支援し、
看護職員一人一人が看護の安全と質の向上を図り専門職業人として成長をめざす。
2看護職員が他者との人間関係において信頼・共感ができるように支援し、
看護職員一人一人が自己洞察を図り人間的成長をめざす。
3看護職員が組織・社会の一員として、各個人のライフスタイルの発展を支援し、
看護職員一人一人が自己の目標の達成をめざす。

渕野辺総合病院におけるキャリア開発プログラム

看護職員の個々の能力を尊重したキャリア開発を支援するために、卒後1年目、2年目という経験年数でのくくりではなく、個々の実践能力のレベルに応じたキャリア開発プログラムを設定する。
看護実践能力はクリニカルラダーシステム(臨床看護実践能力習熟段階制)を用いて個人の実践能力評価と目標設定を行い、新人ナースからエキスパートナースへと段階を踏んでキャリアアップを目指す。

クリニカルラダーの内容、習熟段階

レベルIレベルIIレベルIIIレベルIV
看護実践指示・手順・マニュアルに頼る個別に応じた意思決定でき、問題解決ができる所属する部署での役割モデル専門領域の役割モデル
管理メンバーの役割看護チームのリーダー役割医療チームのリーダー役割看護単位全体での管理行動がとれる
教育院内研修で知識を深める院内外研修を実践に活かす後輩・学生の指導看護単位の教育指導
研究研究活動に参加する研究的に取り組む研究から看護を深める研究推進・研究応用

教育研修計画

平成30年度 看護部:教育研修年間計画


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。