グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



病院案内

ホーム  > 病院案内  > 沿革

沿革

昭和29年08月現 相和会会長 土屋 章により渕野辺病院設立(20床)
昭和31年05月労災保険指定医療機関の指定を受ける
昭和31年08月医療法人に改組、土屋 章 理事長に就任
昭和32年09月構造設備変更届出(34床)
昭和35年08月構造設備変更届出(39床)
昭和37年12月構造設備変更届出(57床)
昭和40年01月救急病院の指定を受け告示される
昭和41年03月特定医療法人の承認を受ける
昭和41年10月病院全面改築により、鉄筋コンクリート造地下1階、地上5階建となる
昭和42年05月構造設備変更届出(161床)
昭和48年11月日本病院会より優良自動化健診施設の指定を受ける
昭和61年04月病院に附属の「相模原総合健診センター」完成
自動化健診業務開始
昭和62年04月相模原総合健診センター、日本病院協会より優良自動化健診施設の認定を受ける
平成01年04月理事長 土屋 章、社団法人相模原市医師会 副会長に就任
平成01年10月理事長 土屋 章、社団法人相模原地区病院協会 会長に就任
平成04年04月理事長 土屋 章、神奈川県医療従事者健康保険組合 常任理事に就任
平成05年09月全面建替え工事完成、名称を「渕野辺総合病院」と改称
平成06年04月理事長 土屋 章、神奈川県病院協会 会長に就任
平成06年04月理事長 土屋 章、社団法人日本病院協会 常任理事に就任
平成07年03月神奈川県知事に開放型病院届出、受理される
平成09年05月理事長 土屋 章、神奈川県医療福祉厚生年金基金 理事長に就任
平成11年04月財団法人日本医療機能評価機構(一般病院種別A)認定を受ける。Ver.3
平成11年04月薬剤部門を分離
平成12年04月居宅介護支援事業所事業開始
平成15年11月増築西棟竣工により第4次医療法改正及び相模原総合健診センターの強化・拡大
平成16年05月回復期リハビリテーション病棟届出、受理される
平成16年06月財団法人日本医療機能評価機構(一般病院種別A)更新認定を受ける。Ver.4
平成16年09月亜急性期入院医療管理科(8床)届出、受理される
平成17年03月渕野辺総合病院創立50周年記念式典
平成17年06月電子カルテ全面稼動開始
平成18年04月看護基準、一般病棟10:1入院基本料届出
平成18年10月尿路結石治療センター開設
平成19年05月看護基準、一般病棟7:1入院基本料届出
平成20年04月DPC対象病院として算定開始
平成20年07月PACS稼動開始
平成20年12月東棟を増築、手術室の拡大、外来診療の充実を図る
平成21年08月財団法人日本医療機能評価機構(一般病院種別A)更新認定を受ける。Ver.5
平成22年06月医療法人社団 相和会 土屋 敦 理事長に就任
平成24年03月訪問診療センター開設
平成26年07月地域包括ケア入院医療管理料1届出
平成27年01月財団法人日本医療機能評価機構(一般病院1)
機能種別版評価3rdG:Ver.1.0